1. トップ  > Odyssey CBT 認定試験会場  > 
  2. 配信試験のご案内

Odyssey CBT 認定試験会場


Microsoft Office Specialistとは

マイクロソフトオフィス製品に含まれる各アプリケーションの利用スキルを証明する一般パソコンユーザー向けのIT資格のことです。

※また、MOSガイダンス動画を次に掲載しましたのでご覧ください。


IC3とは

IC3の正式名称は「Internet and Computing Core Certification」といい、世界150ヵ国以上で実施されている国際的に認められた資格です。

コンピューターやインターネットに関する基礎知識とスキルを総合的に証明し、ITに関する技術資格として世界的に認知されています。


VBA(Visual Basic for Applications)とは

ExcelやAccessなどのアプリケーションに、指示した通りの処理を実行させる機能をマクロといいます。

VBAは、Visual Basicをベースに、マイクロソフト オフィス製品用に開発されたプログラミング言語です。


Microsoft Technology Associateとは

MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト) は、ITエンジニアとしてのキャリア構築を目指す人や、情報ネットワークやセキュリティ、データベースなどのIT関連事業を行う企業や担当部署で働く方/就業希望者に向けたMicrosoftのエントリーレベルの認定資格です。


ACA(Adobe CERTIFIED ASSOCIATE)とは

試験科目はアドビのアプリケーションごとに独立してあり、資格は科目ごとに認定されます。
ACAの試験は、全国にある試験会場のコンピュータを使って解答するCBT形式で行われます。


Odyssey CBT 試験 とは

オデッセイコミュニケーションズが運営するコンピュータ試験配信サービスです。




プログラミング能力を証明する試験

・Pythonエンジニア認定試験
汎用のプログラミング言語Pythonの専門知識を評価する試験です



・Rails技術者認定試験
オープンソースのWebプリケーションフレームワークであるRuby on Railsの専門知識を評価する試験です。


データ分析力を証明する試験

・統計検定
統計に関する知識や活用力を評価する試験です。



ビジネス統計スペシャリスト
Excelによるビジネスデータ分析のスキルを評価する試験です。

業界の専門スキルを証明する試験

・コンタクトセンター検定試験
コンタクトセンターで働く方や就職を目指す方の専門スキルを評価する試験です。



・リユース検定
リユース業の専門スキルを評価する試験です。

・コミュニケーション能力を評価する試験

ビジネスにおけるコミュニケーション能力を評価する試験です。